膨大な歴史をスッキリ暗記するコツ!誰でも出来る記憶術マニュアル

歴史の暗記にはコツがある!

 

数学や国語の勉強はできるけど、歴史って覚える量が膨大すぎて、何をどう覚えたらいいのかわからない。。

 

大河ドラマなどが好きで、歴史ももっと覚えたい!

 

そもそも歴史が苦手、、、。

 

こういう方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

 

歴史って、出来不出来の差が大きい数学や、理解度の深さが問われる国語や英語に比べて、記憶科目です。

 

歴史は、一度記憶してしまえば、安定的に高得点を取り続けることができる特性を持っています。

 

そこで誤解されがちなのが、時間をかけてひたすら暗記すれば、高得点が取れるはず、ということです。

 

しかしこれは非効率な勉強法です。

 

力を入れるポイント、覚える方法さえ覚えていれば、膨大な量の知識を短時間でスッキリ頭に入れ、使いこなすことができるようになります

 

今回はそのテクニックをご紹介します。

 

ぜひ参考にしてくださいね。

 

歴史の暗記にはコツがあった!その気になるテクニックはコチラ

 

 

もし、今あなたが受験生なら、受験の選択科目は歴史にすることをオススメします。

 

数学は、ひらめきを問われるので出題によって点数がばらつきます。

 

国語や英語は、知識があっても理解度を要する問題ではなかなか点数を取ることが難しいのです。

 

それに比べると、歴史は記憶科目なので、安定して点数を取ることができます。

 

そんな歴史が得意科目に加わると、とても心強いですよね。

 

しかし、その暗記量の多さから多大な労力と時間が必要です。

 

そのため、歴史は苦手科目とされることも多いのです。

 

誰にとっても1日は24時間、365日しかありません。

 

その時間をどれだけ有効に使えるのかで、受験の結果は変わってきます。

 

「無駄な時間を省いて、歴史を得意科目にしたい」

 

そんな方の為の記憶術が【歴史の記憶術】です。

 

 

これは、日本史、世界史をたった30日で記憶に残す手引書となっています。

 

もちろん、頭に入れるための「インプット」の方法も記載されていますが、さらに「アウトプット」の為の方法も記載されています。

 

最小限の力で応用の利く記憶力を身に着けていただけるのです。

 

⇒歴史の暗記のコツ!そのテクニックの詳細はコチラ

 

様々な記憶術

 

 

暗記することに悩んできた人たちが考え出した記憶術の中に「語呂合わせ」があります。

 

こちらを実践したことのある人は多いのではないでしょうか?

 

もちろん、役に立つ語呂合わせもあります。

 

そういうものは有効活用してくださいね。

 

ただ、有効な記憶術は他にもあります。

 

どんな方法でも、必要なのは「いかの効率よく記憶に残すか」ということ。

 

もっとも適切な方法を知っていると、もっとも効率よく記憶することができますね。

 

短期記憶ってすぐに忘れてしまうのでは?

 

1980年代のアメリカの心理学者にスクワイアという人がいます。

 

彼は、記憶と呼ばれるものをシンプルに2つに分類しています。

 

@短期記憶

 

30秒から数分で消えてしまう記憶。

 

1度に約7桁の数値を記憶できる比較的容量の小さな記憶。

 

意図的な暗記行為。

 

A長期記憶

 

・陳述記憶(エピソードの記憶と意味記憶)

 

・非陳述記憶

 

身体で覚える手続記憶と流れで覚えるプライミング記憶。

 

人が何かを覚えるとき、まずは短期記憶に入ります。

 

ただ、問題なのは、短期記憶の場合あっという間に消えてしまうのです。

 

つまり、ほとんどの人は短期記憶として、知識を「インプット」して、長期記憶に変えることができていないのです。

 

そして、長期記憶として維持できていないため、利用するために肝心な「アウトプット」もできていないのです。

 

記憶を維持するための3つのステップとは?

 

歴史をインプットし、維持しアウトプットする為に必要なのはたった3つのステップです。

 

@まず、「短期記憶」に入った知識が消えない仕掛けとして、インプットの際に簡単な「物差し」を覚えること。

 

A次にテキストを流れのままに読むことで、無意識のうちに「リハーサル」をすること

 

B更に、日常生活自体を歴史的に考える視点を身に着けてもらうことで、「リハーサル」のトレーニングを生活の中で、自然に行うようにする。

 

たったこれだけの3つのを実践するだけで、頭にスッキリと歴史が整理され、気が付くと多くの知識が定着しているはずですよ。

 

⇒歴史の暗記にはコツがあった!その驚きのテクニックはこちら

 

 

更新履歴